2009年08月30日

OLPC -One Laptop per Child-

活動先の学校で、この秋からこんな可愛い(?)ラップトップが導入されます。

OLPCプロジェクトによって配布されたXOラップトップ  XOを開くとこんな感じ。

先生方が「小さな緑のノートブック」と呼ぶこのPC。

ほんとの名前は「XO」。俗に「100ドルパソコン」とも呼ばれています。

低コストでありながら高耐環境性・低消費電力なXO。

開発しているのはOne Laptop per Child(OLPC)というNPOによるプロジェクト。
「世界中の子ども達に教育の機会を」というコンセプトのもと、特に開発途上国の子ども達への配布が積極的に行われているそうです。
ちなみに先進国の人々は、およそ倍の金額でXO機を購入ことが出来るそとのこと。余分に支払ったもう一台分の金額は、途上国の子ども達への配布に役立てられるのだとか。

モンゴルでも首都の小学校ではすでに導入済のところもあるみたいですが、このたび地方の学校にも配布が始まったようです。

教育現場で取り入れられるのは主に途上国。
実際に現場での導入の瞬間に立ち会えるなんて、なかなかないチャンス。
これはアズタイですね!

さてこのラップトップ、配布されて「ハイ使いましょう!」といきなり授業に取り入れるにはいささかややこしいマシンです。
私たちが普段使用している一般的なPCとは異なる点が多々あるからです。

例えば、

・OS(オペレーションシステム)はWindowsでもMacでもない。

OSはLinux。
SugarというGUI(グラフィカルユーザインターフェース)が使用されています。
見た目も操作する感じも、使い慣れたOSのマシンとは異なるということですね。

小学生の教育に特化したマシンを、という意味もあるのでしょうが、
オープンソースとフリーソフトウェアを使うこと:つまり、お金をかけずに出来るところは無償のものを使うということ。
これが低コストで生産するためのひとつの大きな鍵となっているわけか。

・ということは、もちろん使用するアプリケーションも異なる。

WordやExcelなどは使いません。
ウェブブラウザ、ワードプロセッサ、ペイントツールなどは搭載されていますが、WindowsやMacのそれとは全く別のものです。

加えて一風変わったアプリケーションも用意されています。
例えば子ども達がマウスを操作しながら簡単アニメーションや科学的なシミュレーションを作ったりする事が出来るEtoys。
遊びながら直感的にプログラミング環境を体験できるようになっています。

また、環境が整えばインターネットへの接続はもちろん、無線LANを導入することで、マシン同士の情報の共有も可能。
子ども達はXO同士で共同作業を行ったり、作った作品を友達や世界中の人たちに披露したりすることが出来ます。

とっかかりはなんだかちょっと面倒くさそうなマシンだけれど、
子ども達の自らのヒラメキとともに主体的な学習活動を、という可能性無限大の狙いがこめられたなかなか奥深いシロモノです。

このXOを使うのは小学生たち。
「情報」ではなく国語や算数、音楽などの教科の中で活用するのだそう。
学びの主体は子ども達、とはいえ授業に取り入れるには、先生たちのちょっとしたアイディアが必要になるでしょうね。

これ考えるのが、はじめは結構大変なんじゃないかな??

ちなみに先日小学校の先生方と一緒に首都でのXOのセミナーに参加してきましたが、5日間の研修では、マシンとアプリケーションの基本的な操作方法を覚えるのでやっと、といった感じ。
具体的な活用の仕方まで考える時間はありませんでした。
むしろXOの場合、はじめにいろいろと押し付けてしまわないほうが創造と広がりのある活用が出来ていいのかもしれませんが。

新年度、ぜひ授業を見て回って先生たちと試行錯誤、してみたいですね。

posted by Azaa at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | JOCV活動>PCのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハローあずちゃん!
お元気ですか?モンゴルは今はいい季節でしょうか?
XOパソコンなんてあるんだね。
確かにLinuxは使いにくい気がするけど、子供たちの応用力とか想像力とか伸ばすにはいいよね。
ウガンダで思うのだけど、1から10まで教えなきゃわからない、想像・予測できない。
けど子供の内からこんな機械に触れて育つということはいろんな面でいいなぁと思います。
大変そうだけどがんばれーー!!
長くなっちゃった。またね。
Posted by ひろこ at 2009年09月01日 19:10
>ひろちゃん

はろーひろちゃん!コメントありがとう。
体調はどう?
そちらでは見かけないかあ。
アフリカにも行ってると思うので、いつか出会ってしまったときは、ぜひ様子をきかせてくださいな!
自宅にPCのある家も思った以上にあるんだけど、はじめて触れるPCがXOの子たちも多いはず。
どんな反応が見られるか楽しみです。

ちなみに私たちが普段使ってるPCでもUSBからのブートでSugar体験できます☆
興味と暇があったら試してみても面白いかも^^
Posted by Azaa at 2009年09月04日 20:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。