2009年09月15日

冬越しに向けて。

いきなり寒くなった!と先日書きましたが、
今日は我が家がいきなりポッカポカになりました。

本日よりめでたく暖房が入るようになったのです。

パール

管にお湯を通して町じゅうの建物を暖める「パール」という集中暖房。
モンゴルでアパート暮らしをする人たちは、みんなこれで暖をとって冬越しをします。
(ゲルなどの簡易住宅にははお湯をひくことが出来ないのでパールはありません。)

というわけで、これからは寒かろうが暑かろうが今日から来年の5月頃までずっと暖房入りっぱなしの予定。
まだ20度前後まで気温が上がる日もあるので最高気温を見ると少し早いスタートのような気がしますが、確かに朝晩の冷え込みを考えればそんなものなのでしょう。

ちなみに我が家の暖房の効きは今のところ快適で、先日急いで出した毛布も、暖房があれば今はまだ必要ないかも、といった感じ。
昨晩暖房が入ることを頭に入れずに毛布を被って寝ていたせいで、今朝目が覚めたときには毛布はベッドの隅に追いやられていました。

このパール、同じようにお湯流しっぱなしになっているにもかかわらず、家によって効き方はまちまちなのだそう。
お湯は通っているのにいまいち温まらなくて真冬はコートを着込んで早々に寝ているという隊員もいれば、真冬なのに家の中は暑すぎて窓開けっ放し、なんていう隊員もいるんだとか。

私はこれから初の冬越しとなるので我が家の本当の効き具合はまだわかりませんが、
このまま家の中だけはポカポカであってほしいものです。

ただしパールが入ると空気の乾燥がよりひどくなる、と聞いているのでモンゴルに来て以来続いてるお肌のカッサカサ度の進行が気になるところです。
特に手荒れが季節問わずひどくて困っています。

ついでにもうひとつ心配事。
パールが入ると、お湯を流しっぱなしにするおかげで水道代がかさむのだそう。
同時に加湿器の出番もやってくるのできっと電気代も・・・。
室内温度の上昇とともに生活費も今月から上昇する見込みです。
どれくらい跳ね上がるのか、若干ヒヤヒヤです。

この記事へのコメント
駒ケ根の居室を思い出すような
暖房器具だわ。

on/offが出来ないってのが
邪魔くさいね。
Posted by dello244 at 2009年09月16日 02:54
二本松もこんなんあったぜアニキ!6段階くらいで調整できたけどね。
水道代なんて循環させてたらそんなかかりそうでもないけどなぁ。毎日使ってたらかさむんかな。
現地人は払えるんやろか!?
Posted by といちろ at 2009年09月16日 05:02
>やっさん

あったね。
お急ぎで乾かしたい洗濯物とかよく引っ掛けてました。
ON/OFF出来ないの不便だけど、先輩隊員は「真冬に間違ってOFFにでもしたら間違いなく凍死するだろう」って。
・・・確かにそうかも。


>とーいちろーさん

どーやろねー。
うちは2部屋+キッチンにパールがついててるから、いない部屋ももちろん暖房が効いてるわけで・・・
水代とお湯代が別会計なので、お湯代がぐっと上がるらしいよ。
暖かくなるとまた某G虫が出るんじゃないかとちょっと心配・・・
Posted by Azaa at 2009年09月16日 08:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。