2009年10月28日

外国人つながり

モンゴルには、JICA以外にもいろんな国のいろんな団体の支援でボランティアが配置されています。韓国のKOICA(コイカ)やアメリカのPeace Corps(ピースコー)などなど。

この小さなバガノールでも、既に何人かのボランティアと知り合いました。
(小ささゆえの世間の狭さのおかげで知り合うといってもいいかもしれませんが。)
特に配属先の学校にいるKOICAボランティアとはよく連絡をとったり会って話をします。

学校がお休みなので、今日は近所に住むKOICAボランティアのお家にお邪魔してきました。

ご馳走になったお昼ご飯↓ おいしかった〜!

韓国料理♪

普段ひとりなだけに、大勢で食卓を囲むととっても楽しいです。

飛び交う韓国語は私にはさっぱり意味不明ですが、言葉以外には違和感がほとんどなく、やっぱり文化が近いんだなぁと感じます。
お互いの母国語なまりのモンゴル語や英語を使ってのコミュニケーションは理解するのもしてもらうのも根気が必要だけれど、それはそれで面白い。

それにしても、こうして第3国の地方の町で出会うなんて、不思議な縁ですね。


posted by Azaa at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | モンゴルぐらし>人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131416597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。