2009年08月30日

OLPC -One Laptop per Child-

活動先の学校で、この秋からこんな可愛い(?)ラップトップが導入されます。

OLPCプロジェクトによって配布されたXOラップトップ  XOを開くとこんな感じ。

先生方が「小さな緑のノートブック」と呼ぶこのPC。

ほんとの名前は「XO」。俗に「100ドルパソコン」とも呼ばれています。

低コストでありながら高耐環境性・低消費電力なXO。

開発しているのはOne Laptop per Child(OLPC)というNPOによるプロジェクト。
「世界中の子ども達に教育の機会を」というコンセプトのもと、特に開発途上国の子ども達への配布が積極的に行われているそうです。
ちなみに先進国の人々は、およそ倍の金額でXO機を購入ことが出来るそとのこと。余分に支払ったもう一台分の金額は、途上国の子ども達への配布に役立てられるのだとか。

モンゴルでも首都の小学校ではすでに導入済のところもあるみたいですが、このたび地方の学校にも配布が始まったようです。

教育現場で取り入れられるのは主に途上国。
実際に現場での導入の瞬間に立ち会えるなんて、なかなかないチャンス。
これはアズタイですね!

続きを読む
posted by Azaa at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | JOCV活動>PCのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。